揺れすぎる、まなざし

今、じつは、人には決して言えないのだが、、、
「つけまつげ」に、はまっている。
瞬きすると、バッサバッサの、ばちばちのやつ健康飲食


マツコ?デラックスみたいなかんじ。
彼は、あの体格、あの顔の大きさで、あのつけまつげは、バランスが取れていると思う。


さて、わたしは、、、?
おそらく、感想は、皆さん口にしないだろう。


ある日、帰りのバスで、ばったり偶然、娘がわたしの席の後ろに、座っていた。
ふと、横を向いた、わたし燃燒脂肪


「お、か、あ、さ、、、ん、、、っっ!!」


二人の間の、あの微妙な沈黙。
いやはや、いやはや、、、


人として親は子供の見本にならなければいけない時期は終了した、、、ということで、、、
どうせマイブームは瞬時に過ぎ去る(予定)なので、、、
笑って許して、
見て見ぬふりをお願いします、と言いたいところだが、言えないだろうなあ適量運動

ドライデイ

・・・・・・っということで、昨日は珍しくドライデイとしました。


皆さんはヘェ~と思われるかも知れませんが、ぼくの人生においてアルコールを飲まなかった日は極めて稀なんです。



・・・っで、体調が悪いのですPretty Renew 銷售手法


昨夜はほとんど眠ることが出来ませんでした。


いつもは酔っ払った勢いで、5分も経たずに眠りに落ちるのに。


そして便秘になるのです。


絶不調。


いつものパターンが崩れ身体がが驚いてしまったのです。



・・・っで、昼間は昼寝も出来ず悶々としていると、「そうだ健康診断に行こう!」と思い立ちました。


定年後になると毎年、区から健康診断の案内が来るんです。


それも500円で受診できるのですPretty Renew 銷售手法



・・・っで、実をいうと、前回の受診結果が最悪で、高血圧症は驚かないものの、血中コレステロール値が高く、それまで一度も問題にならなかった糖尿病の疑いがあるというのです。


えっ!!糖尿病??


ガァ~~~ン


酒が飲めなくなるぞっ!


ビールのない人生なんか考えられン。


死んだほうがマシだ。



・・・っで、区から健康指導のため近くの医者に出頭するよう案内が来るにもかかわらず無視。


現在に至る。



・・・っで、いいアイデアが浮かぶ。


今日健康診断を受ければ、血液検査がいい値になるぞ。


昨日はドライデイだったから、肝臓は元気なはずだPretty Renew 銷售手法


1週間後の結果は如何に・・・・・・

口が止まらない

 今日キヨちゃんは朝早くくりりんに送ってもらって山へ行った。茶畑の肥刈りを3日にシルバーさんがしてくれるのだが、そこまでの道中が草深く、うちの土地ではないのだが困るだろうからと草取りに行ったのだNeo skin lab 好唔好
 私にしてもくりりんにしても3日までに休みもなく、いつも助けてくれる親戚の姉ちゃんに応援を頼む事を提案したが、こう言う時は何故か遠慮して頼もうとしない。しかも、帰りはどうするんだと言う話である。
 「〇〇(親せき)で待っててくれたら、仕事が終わったら迎えに行きますよ。」
と私よりは早く帰るくりりんが提案したが、
 「歩行器を持って行ってれば、ぼつぼつ歩いて帰る。」
と言う。まあ、下り坂だから登り程ではないだろうが、不安はあった。しかし言ったところで聞くはずもない。
 結局草取りには4時間かかったらしい。仕舞には指先が痺れる。2回も転んだので、これはまずいと思って山道はお尻をつけていざって移動したら、買ったばかりの蚊取り線香入れを潰してしまったらしい。
 帰りは何とか歩行器で戻れた。親戚の姉ちゃんからも、
 「何で言うてくれんのNeo skin lab 呃人?」
と言われたらしい。
 さあ、帰ってからはどれだけ大変だったか、成果がどうだったか、武勇伝がしばらく続いた。まあ、武勇伝と自慢話は良いのだ。これについては本当に偉いと思うし、キヨちゃんも私たちも笑っていられる。
 が、結局それから「クゼツ」になり、やがて「悪口三昧」になる。と言うのも、自分がするという事は、当然「しない」人がいるわけで、その人への不満。
 「いつか言うてやろうと思うんじゃ!」
と息巻く。おそらくここで言うだけで、実際には言わないだろうと思うが、そんなことで揉めたらややこしいじゃないか。
 そして、自分が「この年で」「この身体で」頑張っているのに、あまり構わない人への不満。というか、少し嫉妬もある。身綺麗にして孫の自慢なぞされたら、ちょっと嫌味も言いたくなるようだ。
 それから、普段不満を感じている人の悪口。引き出しから引っ張り出しては、「あの時」「この時」と次々文句が出る。
 最後には山の中の小屋の話になって、もし小屋が使えない状態になった時に、材料を(つまり小屋を解体した後のパイプなど)くれと言う人がいても、「彼」には絶対やらないでくれとくりりんに頼んでいた。
 「分かりました。絶対やりませんNeo skin lab 黑店。」
と力強く返事をするくりりん。ありがとう。洗い物をする私は辟易としていた。
 大体小屋が必要なくなったとしてもわざわざ壊す気はない。もしつぶれるほどの年月なら、おそらくキヨちゃんでなくても、「彼」もそんな元気はないだろうと思う。
 まあ、怒りでも何でもパワーがあると言う事は元気なのだろうとは思う。しかし、疲れる。悪口の内は良いが(良くないか)、もし被害的な事を言い始めたら、やっぱり一度脳外科に相談かなあ???。