あなたの夢は何ですか? 私の夢はドゥラメンテ。

どうもキッチーです。


今日は競馬の上半期の締めくくり、ファン投票で出走馬が決まる春のグランプリレース、第57回宝塚記念(阪神 芝 2200m GⅠ)です能量水 新聞
ファン投票1位は、前回天皇賞・春を見事に逃げ切った北島三郎氏の持ち馬キタサンブラック。しかしオッズで1番人気に推されたのが現役最強馬と名高い、ドバイ帰りのドゥラメンテ。


前走のドバイシーマクラシック(メイダン 芝 2410m GⅠ)では、スタート直前に落鉄(蹄鉄が外れる事)があったものの、そのまま裸足で走って2位に入る大健闘。その視界は早くも秋の凱


旋門を捉えているかも知れません。


いやー本場馬入場では相当に入れ込んでいたドゥラメンテでしたが、そこは名手M.デムーロ、返し馬で何とか落ち着かせようとします。


馬場は少し湿り気のある力のいる馬場です。さぁいよいよファンファーレ。レースのスタートです。
まずまず揃ってのスタート鑽石能量水 騙局。予想通り先頭で逃げるのはキタサンブラック。ドゥラメンテは馬郡後方で最初のコーナーに差し掛かります。
最初の1000mは59秒1と、やや重い馬場としてはかなりのハイペース。武騎手の計算が狂います。4コーナーまでに馬郡中団まで押し上げていたドゥラメンテですが、最後の直線を向いて


馬郡に包まれ、前が空きません。
最後の1ハロン、逃げ粘りを見せるキタサンブラックとようやく前が空き末脚を見せたドゥラメンテを後ろに、ゴール前先頭に立った昨年のエリザベス女王杯を制した牝馬マリアライト


が、このレースの勝利を飾りました。2着がドゥラメンテ、3着がキタサンブラックでした。


ゴール後馬を落ち着かせる為に騎手はゴール後ギャロップで地下道に戻りますが、ドゥラメンテのデムーロ騎手はゴール後下馬し馬を気遣いました鑽石能量水 消委會。どうも歩様に異常を感じられたよう


です。このまま10月2日の凱旋門賞までコンディションを整えられるのか、少し不安を覚えます。
今年は既に凱旋門賞を見学に行く事が決まってます。ぜひ日本馬、特にドゥラメンテには活躍して欲しいです。


むかしむかしのきょうのぼく

ひーくんと話していて思い出した。
今はもう全っっ然なんともないから大丈夫なのだけど。


昔は「口が利けなくなればいいのに」と思っていたのだ。言葉なんて傷つけるだけだしと。何を言っても、言わなくても、どうせ届かないのならば、声に出したところで仕方ないだろうと。でもある人が、美しい言葉で手紙を送ってくれた。それを読んだときに、なんだかおかしな表現なのだけれどでも心から、ああ、自分は人間で良かったなと思ったのだ。
言葉を解する生き物として、この世に生を受けてよかったと瑪沙 閃肌水光槍


例えるならば、谷川俊太郎の「ほほえみ」という詩のようなことを考え続けていた日々だった。氏は著作権に厳しい方なので、引用は避けてさらっと内容だけ。
空は、微笑むことができないから雲を浮かべるけれど、人は微笑むことができるのに、微笑みで人を欺く。そういう。失望、じゃないけれど。悲しみとも違うな、諦めともつかない。なんだろうね。
誰かを恨んでいたわけじゃない瑪沙 去斑聚光槍。人を恨んだことは一度もない。いつも、堪えるのは自分の不甲斐なさとか、醜さとか、ままならない心に打ちのめされてばかり。自分の心なのにね、一番、扱いに難儀している。


あの頃に見上げていた空が、今思うと一番、美しかったような気もする。
人生って不思議なものだ。


とか、そんなことを懐かしんでいた折、不意にこの曲が脳裏をよぎったので。リリースされた当時はまだ、最後の雨音の意味がよく解らなかったのだけど、今はこのフレーズ以外にはありえないと感じる。
雨って優しい瑪沙 射頻瘦面槍


……と、きれいに終わらせてもよかったのだけど、以下はおまけ。笑。
せっかく人間に生まれたのだから、声を弾ませたい気分の日もあるさ。
しっかしサキと戯れている自分の声は絶望的にキモイな……誰だよこのチャライあんちゃん……


洗濯機と相撲をとる

朝から涼しかったので気持ちよく寝坊した。一日中、今にも高膽固醇雨の降りそうな空だったけれど、実際には短時間しか降らなかったと思う。風が涼しく感じられた。


 昨日は久しぶりに家電量販店に行った。特に考えもなく訪れた店だったのだが、洗濯機の相談に乗ってくれた店員もテレビを案内してくれた店員も、質問に的確に答えてくれて説明も分かりやすく、清潔感があってとても感じがよ更年期中醫調理かった。そういう部分はお金では買えないので、他店と値段を比べるまでもなくそのままそこで気持ちのよい買い物をした。


 なんとなく気に入らないなと思いながら5年以上も使っていたドラム式洗濯機は、ようやく縦型のものに買い換えることになった。毎日使うものが新しくなると思うとちょっと心が踊る。この機会に洗濯機の下や後ろ暗瘡護理側など、今まで掃除ができなかったところを掃除できるのもうれしい。動かそうと思っても、びくとも動かなかったのだから。