いつもありがとう。あなた、だれ?

アタマは半分、夢の中。


体はいたって丈夫、頑丈、疲れ知らず、病気知らず。
こういう人は、元気のあまり、どこにでも行き、力任せになんでもするから、
アタマが夢の世界にいる時、体や行動も夢の世界に連動する楊婉儀幼稚園 拖數


なにをしでかすか、わからない。
どこに行くか、わからない。


暴力や激昂など、そういう部類のことはないが。


いちばん、目が話せない類である。


母が、もう何度もお願いしているマッサージ師の方と、マッサージ中、おしゃべりをしている。



マッサージ師さん
「○○さん(母)、健康なしっかりした躯体をなさっていますね」



「わたしはね、小さい頃、田舎の野山を駆け巡って遊んでいたからでしょうね。
健康で丈夫なんですよ。
それに若い頃、バスケットボールをしていましてね。それもあるんじゃないかしら?」


傍らで聞くわたしは、耳を疑うdermes 脫毛
はあ? バスケットなんか、初耳。
どっぷり戦中派の母の世代は、軍需工場で、女子学生は学業そっちのけで勤労奉仕、
あの地域、背景、時代では、不可能、ありえない。
夢の世界の話をしているんだなあ、と。
(明治生まれの「義母の母」が女学生時代にテニスをしていた、という話は実際にそうだったらしいが)


でも、母は、自分の夫の仕事のことなどは実名、地名入り真実で、バスケットと合わせると、虚実綯い交ぜて話している。
わたしは、一切、口を出さず。
おそらく、マッサージ師の方も、どれが本当で、どれが本当ではなくて、なんてことは問題ではなく、
よくあることと聞き流しておられるだろう。


壊れたテープ(イマドキ、テープもないか・・・)のように、ある程度の話が進むと、また同じ話になっている。
皆さん、お仕事で接する場合は、慣れたものである。
何度も同じ話をされようが、つじつまが合わなかろうが、
「そうなんですか。それは、これこれですよ」
と、いちいち、まじめに話に丁寧に付き合ってくれるdermes 激光脫毛


お年寄りの似たような症状に、よく慣れておられるのだろう。


とある知人のお姑さんは、息子の嫁のことを、嫁ではなく看護師さんだと思い込んでいて、
「いつもありがとう」
と感謝されるそうだ。
別の人で、嫁を嫁ではなくドクターだと思っているお姑さんもいて、これまた感謝されているとか。
「いつも、お忙しいのに、ありがとうございます」
と深々とお礼されるそうだが、お嫁さんは、複雑な心境らしい。


そのうち、わたしは、誰と勘違いされるのだろう?
実の娘で、しかもデキの悪いほうの娘だから、看護師さんやドクターだとは思わないだろう。
新興宗教の布教係の人とでも思われるかも知れない。
それはそれで、「いつもありがとうございます」とアタマを下げられるかも。
ミカンやら、柿やら、わたしが持ってきたモノを
「こんなモノでなんですが、どうぞお持ち帰りください」と親切にくれるかも知れない。


これは、きっと、かなり近未来、1年ぐらい未満先の将来のデキゴトのような気がする。
1年ではなくて、1ヵ月後、1週間後、次回会った時かも知れない。


娘とは認識せず、「いつもご苦労様です」と、手を合わせられそうだ。
それはそれで、幸せなことだ。

ナシの花

子供が小さい頃に何度か連れて行った動物園の前のベンチに座った。


次々と動物園の門をくぐっていく親子を見ながら、あの頃は本当に若かったし体力もあったんだなあとしみじみしてしまった。この先また動物園に行くとしたら、孫を連れて? いやいや、とても考えられない數碼通寬頻。そもそも息子や娘が結婚するとは限らないし、結婚したとしても子を持つとは限らない。それはそれ、の話だから、私の人生の延長線上の話として孫を持つことを想像する気にもあまりならない。



ただ、小さな子にもう一度触れてみたいとは思う。赤ちゃんを抱っこして、懐かしい匂いを嗅ぎたいなSmarTone 上網



そういえば、新聞か何かで「子供の頭を見ず知らずの他人に撫でられるのは困る」というのを見たことがあった。世の中いろんな人がいるから、手を出されたら怖いのも分かる。


息子が乳児の頃はよその国に住んでいて、町中でもよく声をかけられて「ぷよぷよだね」と触られたし、レストランで片手で抱いて食事をしていると、ちょっと抱っこしていてあげるからゆっくり食べなさいと、店の人に言われたりした。沢山の人に抱っこされた方が幸せになるみたいなことも聞いたような覚えがある。けれど、それも今考えるととても恐ろしい。あの頃の方が何倍も平和だったわけではないとは思うけど、この二十年あまりの間にどれほどたくさんの事件を知ってしまったんだろうSmarTone 上網



とりとめなく、おわり。

駐車場のおじさんはいい人でした

 空気清浄機を買って持ち帰ろうとしたら思っていた以上に大きくて重いことが分かり、2つ隣のビルの駐車場まで手に下げて運ぶのは(夫が)あきらめ、商品はそのまま店に預けて車を取りに行った。(最初から電器店のあるビルに駐めていなかったことには理由があるのだけど割愛)


 出してきた車で電器店の入ったビルの方の地下駐車場に降りて行くと、当然のように立体駐車場の方に誘導された。上の階に行って荷物を取ってくるだけの短時間の駐車なので、平置きできる方に駐めさせてもらえないだろうかと係の人に言ってみると、平置きの方はスペースが少ないので、(立体駐車場に入れない)ハイルーフの車が来たときのために空けておかなければならないと言われる生髮方法。とはいえ、すぐ戻ってくるならばむしろあちらにと、別の係の人が荷物の搬入に使われるらしい場所に誘導してくれた。


「本当に5分くらいですよね?」と心配されたので、もしもの時には車を移動できるようにと、私は車に残ることにした(助手席のままだけど)。そうして夫がビルに入って行ってすぐのことだ。入れ違いに駐車場に戻ってきたらしい(と後で聞いた)30代後半くらいの、青いポロシャツにチノパン、片手にセカンドバッグを持った男性が、何やら係の人にくって掛かるのが見えた。


 係の人が冷静に応対しているのに対して、ポロシャツの人はここはこーだろ! だからああだろ! と、大きな声で抗議している。「例外なんかないだろ!」と聞こえて、うちの車のことを言われているらしいと分かった。もしかして業者の車の邪魔になっているのかと見てみるとそんなことはなく、ポロシャツの人はただの客にしか見えない。要するに、立体駐車場に入れずに駐車スペースではない場所に駐めさせた係の人の判断に対して抗議しているらしかった。それはそれはものすごい剣幕だった3m淨水器


 わたしは車内で助手席から運転席に移って、いつでも車を動かせるようにした。夫は直に戻ってくるだろうけれど、この際、立体駐車場にでもなんでも入れよう、本当はそれが筋だよなと思った。何より、いつまでも怒鳴られている係の人が気の毒だ。


 エンジンをかけた音が聞こえたのか、係の人はこちらを見て、ほっとしたような顔で男の人との話をまとめに入り、わたしの方に来る。その背中にポロシャツの人はまたひとしきり何か言って「一旦外に出させるんだからな!!」と念を押すように怒鳴って締めくくった。一度外に出る意味がわからないけれど、余程、便宜をはかってもらったうちの車が許せなかったんだろう消毒噴霧


「申し訳ないです。一度外に出てもらって、それからもう一度入ってきていただけますか?」と、係の人は本当に申し訳なさそうに言うからもう、こちらもわがまま言ってすみませんでしたと車を出せば、「気をつけて回ってきてくださいね」と云われる。
 確かにこの辺を運転するのは苦手なのだけど仕方がない。一方通行の標識に従って慎重にぐるっとビルの回りを走って、もう一度そのビルの駐車場の狭いスロープを降りて行った。今さら立体駐車場に入れるのは時間の無駄でしかないなあと心配していると、運良く夫が荷物を手に降りて来た所だったので心底ほっとした。